Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー おいし

駅まで少し遠回りをして歩いて帰る時に通るカフェ。
David Jonesのところの 
Sensory Lab
http://www.sensorylab.com.au/

Sen Lab3

長時間低温水出しコーヒー(っていう説明を英語でされた)」とかいうやつを頼んでみました。
Sen Lab1

どっしりした味ですが、高温圧力で出すエスプレッソとは違う味。


お店のロゴには漢字も入ってたりして「感研」。
日本のメーカー(ハリオ)のサイフォンとかドリップの小道具が買えます。

いちおう「ラボ」というコンセプトから お水もビーカーみたいなので出てきます。
Sen Lab2

ちょっとこ洒落た系の理屈の多そうなコーヒーです。

さらに充実した 憎いやつ

大好きなミドルイースタンの食材とカフェの店 Oasis Bakery

Oasis1

最近は近くまで行く用事がなかったのでしばらく行っていなかった間に・・・
改装して大きく、便利に、そしてパワーアップしてました。

Oasis2


以前は恐らく他の所有者のものだった隣のスペースが、どーんとストアの一部に。
シェルフ全部がど~んとスパイスです。

Oasis4

ピザやディップも充実の品揃え。

コーヒーのコーナーで大好きなレバノン風コーヒーを買って

Oasis3

スイーツのコーナーにはなぜかマカロンが・・・・(流行だからね)

Oasis6

カフェコーナーも広くなって、

中東風のトッピングのピザやスナック類

Oasis10


ベジタリアンオプションや

Oasis8

Oasis7


がっつり食べるメニューもあります。

Oasis9

盛り付けはタジンで、「あら 素敵

Oasis11

蓋を開けるとさらに「お~っ」

Oasis12

これはラム肉のリブのところで豆と煮込んでいます。

レバノン風コーヒーはこんなにかわいく。

Oasis13

濃くておいしい。


この日のお買い上げ品

Oasis14

雑穀ミックス」アマランサスと赤・白・黒キヌアのミックス
Oasis15


Farroを買う予定が品切れの為 粗めのがっつりした食感に見える「Burghul」(タブーリには白い細かいのを使いますが、これはたぶん脱穀前のもの)

Oasis16


Duqqa」 これはモロッコ風。エジプト風とかトルコ風とかありました(どう違うか試してみたい)

アーモンドミール」は皮の茶色い部分がついて粗引きのもの。いつものビスコッティを作る時に加えてちょっとパンチを。

Oasis20

ベーグル」と「平たいパン」も買いました。

Oasis17

Oasis18


品揃えがこんなに充実して、お店も広くきれいになったら、またさらに買ってしまいそう。危険な誘惑。昔からの御馴染みさんには、昔のほうが・・という方もいるかも知れませんが(なんかこじんまりとしてたので)。

そして何と、Oasis Bakery 料理教室始めました!

http://www.oasisbakery.com.au/cooking-classes

Oasis19


水曜日と日曜日に開催。ウェブに出ていた予定では

Lebanese BBQ
Balaclava + Riz be halib
Chicken Tajine & Salad
Lamb Tajine & Salad

すっご~い魅かれるメニュー。ミドルイースタンもどきしかできないので、本格的なレシピを習いたいところ。

誰か一緒に料理教室行ってくれる人いるかしらん。 




嘘つきなカフェ

今日は土曜日です。

息子っちは日本語補習校、親はその間にお楽しみ(私の授業がなければ、なんですけど)、が定着しつつあります。


ただあいにくの雨。


予定していたシティの噂のレストランに行くのは止めて、別のことをすることにしました。

まずは朝いちばんに学校へ息子っちを送ったあと、IKEAへ。

いい机がないか物色に来たのに、ついついこまごましたものを買って無駄使い。机は候補を見つけたものの、やっぱりきっちり計ってからでないと買えないっす、とダンナと同意。


コーヒーでも、とIKEAのカフェへ寄ったのですが(実は我がダンナ、昔Sweden系の会社に勤めていたので、あのカフェテリアみたいな雰囲気が好きらしい)、コーヒーだけをどうやって買うのかシステムがわからず(Hot Foodの長い列に並びたくなかった)、ついギブアップ。何だか要領の悪いおじさんとオバサンみたいだ。情けねぇ。
Ikea


ちょうどHawthornが近かったので、気になってたけど行ってなかったカフェの Liar Liar に寄ってみました。

Liar Liar3


だいぶん前に グルメ雑誌の Delicious のカフェ特集に載ってた Liar Liar
「Groovyな(格好いいとかイケてるっていう意味)カフェ」とか書かれていたので、ちょっと期待して行って見ました。 


天井から下がってるランプカッコいいですね。

Liar Liar1

Liar Liar2


内装はそんなにとんがった感じではない、かな。音楽のほうはたまたま私たちが入った時にかかっていた曲はJamiroquaiでした(たぶん)。昔Jamiroquai大好きだったのでOK。

椅子もなかなか良ろし。

Liar Liar4


ダンナは Big Breakfast
脂肪多くてコレステロール高そう、と思ったらしく「卵はポーチドエッグで」とか中途半端な償いをしてました。Sour Doughのパンが美味しそう。

Liar Liar6


私は ポーチドチキンとゴートチーズに洋梨とくるみのサラダ
洋梨とくるみ、ゴートチーズの組み合わせは黄金の組み合わせやわ~と至福の時。

Liar Liar7


コーヒーもおいしかったです。

Liar Liar5

お店の場所の紹介のところで「The leafy suburb of Hawthorn」と書かれてましたが、カフェの横を走るメインの通りを折れて奥に入っていくと、古くてきれいに手入れされたお家が並んでました。なかなか丁寧に手入れされたEnglish Gardenがフロントガーデンになっているところが何軒かあり、いい感じ。

メインストリートではいい感じのお花屋さんも見つけました。
白い花が大好きなので(ダンナにはお葬式みたいだと言われるのですが)、微妙に違った色みの白い花のアレンジに思わず足が止まって、

Liar Liar8

中を覗くと
Liar Liar9


そうそう、雑誌のLiar Liarに関してのコメントのところで

There aren’t any pants are on fire at this groovy Hawthorn café… (このgroovyなHawthornのカフェでは誰のパンツも燃えてない…). って紹介されていたので、「????」と思っていたのですが、英辞郎をチェックして「ほぉ~」って納得。

(英辞郎さんからお借りしました)
Liar, liar, pants on fire
うそつき、うそつき、ズボン[パンツ]が燃えてる。/うそつき、毛虫、挟んで捨てろ。
◆【場面】「あなたはうそをついている」などの意味の子どものはやし言葉。続けてHanging from [on] a telephone wire.(そのパンツは電話線からぶら下がっている)とかNose as long as a telephone wire.(鼻は電話線のように長い)などの尾ひれを付けることもある。
◆【語源】pants on fireはliarと韻を踏んだユーモラスな言葉だが、由来は不明。尾ひれの「鼻が長い」は恐らくピノキオの物語(うそをつくと鼻が伸びる)にちなむ。

そういえばウチの息子っちも以前に同じフレーズを学校で友達から教えてもらったとか言って、家で繰り返しててダンナに怒られておりました。


でも何でパンツ燃えてるんでしょう? 単に韻を踏んだだけらしいけど。

Liar Liar
90 Kinkora Rd, Hawthorn

The Good Food Storeという名のおいしいお店

ここも息子っちが土曜日の補習校に行っている間に、ダンナと出かけるところ。

Ludo The Good Food Store
Ludo_1

Baysideの Sandringhamにあります。その名の通り美味しそうなお店。

Ludo_7


ヨーロッパ風のデリとグローサリー。私の中では「ちょっとパリ風?」。でもモダンなパリってかんじでもなく、オーストラリアにしてはヨーロッパっぽいって感じでしょうかね。

お店の中はいろんな食料品がきれいにディスプレイされてます。オーガニックとかちょっと珍しい食材とか、見ているだけで、「何作ろうか」と最近忙しくて凝ったお料理からご無沙汰している私でもついいろいろ買い込んでしまいます(でも高いのよね・・・)。


Ludo_2

Ludo_4


パンも美味しいお店のものが売られてます。天然酵母やライ麦のパン、皮がパリパリのハード系。

Ludo_6


コーヒーだけのつもりが、寄るといつも、ついついランチとかスナックまで。
甘いのからSavory系まで いろいろ。 

ナッツがどっさり入ったスイーツとピ‐カンナッツのタルト
Ludo_8

Ludo_9


お皿がちょっとレトロ系でかわいいでしょ。 

ケーキのお皿とかケーキフォークはひとつひとつ柄や形がばらばらだったりします(多分アンティークかセカンドハンド)。ウチのダンナは自称King of Op Shop (私はゴミ男とも呼んでいるのですが)ですが、出てきたフォークを見て、「これNavyで使ってた古いフォーク(識別マークでわかるそう)」とお店の人と懇々と話しをしてました。


ズッキーニとドライトマトのフリッタータ
小さくて軽めのスナックにぴったり

Ludo_10


ランチにもいけるのは


ラムの煮込み(ちょっと中東風の味です)

Ludo_11


下にあるのはライスではなくてパスタ。食感が楽しい。


ライ麦パンのトマトブルスケッタ

Ludo_12

う~ん見た目が麗しい。



ここに来るとついカフェラテになります。なんとなくですけど。
たとえ現実はベタベタの関西のおばちゃんであろうとも、気分だけは「パリのマダム」。カーディガンなぞ袖を通さず肩にはおって、サングラスを頭にのっけてみます(似合わねぇ。笑)


Ludo_3

一番すきなのは雨の降っている静かな日にふらっと立ち寄る、ってパターン。

私は新聞とか本を読みながらカフェで何時間でも過ごせるタイプの人なのですが、ダンナはどーもひとつのカフェに長時間いるのが苦手らしい。

そういう時はダンナは途中で用事を済ませにお店を出て、私は追加でもういっぱいコーヒーを頼んで新聞や雑誌なぞ眺めながらダンナが戻ってくるのを待ちます。こういうところはひとりでじっくり、と思うので、「じゃ用事があるからちょっと行ってくる」というダンナに「すぐ戻らなくていいよ」とつい言ってしまうのでした。


Ludo The Good Food Store

土曜日の密かな楽しみ

今日は春だというのにとても寒い! 雨も降りました。
土曜日は息子っち、日本語の補習校へ通っています(偉いぞ~、ご苦労様です)

今週末は私は授業なし。息子っちが勉強している間に、親は 「ランチ」に出かけます。
ダンナと出かけたのは、お気に入りの「Cafeteria」 BaysideのBlack Rockにあります。

ランチは11時半くらいからかしらねぇ、と早めに立ち寄ったのですが、が~ん、ランチの時間は12時からでした。でも、ブレックファストと終日オーダー可能のスナックメニューもなかなか。今日は、軽めにしましょ、ということで、

ダンナは

ブラックプディングとポテトにポーチドエッグ

Cafeteria_1

ブラックプディングは血が入っているソーセージ。げげっと思うかもしれませんが、これがなかなか美味しいんです。ここのブラックプディングはくせがなくてとても美味しかった。

Cafeteria_2


ブラックプディングって何?という方はこちら Wikipedia

私は

チキンミートボールとバジルのオリーブブレッドサンドイッチ

Cafeteria_3


チキンミートボールとあるのですが、ハーブいっぱいのチキンソーセージ(皮なし)という感じ。トマトソースの軽い酸味とバジル、パルミジャーノの組み合わせはなかなかのもの。

Cafeteria_4

を軽めの赤ワインでいただきました。私のほうは当然スイーツも。

チョコレート・ウォルナッツのTorta
私はこの系統のスイーツが好きみたいですね。

Cafeteria_7

このレストラン「Cafeteria」は名前がコンセプトを示す通り、とてもカジュアルなお店。
Cafeteria_13


テーブルも椅子も学校のカフェテリアみたいな感じのものを使ってます。

でも、お料理のほうはとてもしっかりしていて、The Ageの Good Food Guideでも推奨。
「カフェの値段でレストランの味」というレストラン評をどこかで読みました。


たまにランチに来るので、以前撮ったランチの写真を見つけました。

シーフードのリゾット
これがね、ものすっごく美味しい。酸味の強いトマト味が好きな人にはたまらない。
Cafeteria_5


スモークラムのサラダ
ちょっと生っぽいくらいのスモーク具合で、スパイスはMiddle Eastern風です。ヨーグルトもこってり。
Cafeteria_6


ニョッキ
日替わりメニューの黒板にニョッキがあります。バターで焦がしたセージにフレンチ粒マスタードでアクセントつけてます。 このバージョンにはスモークされた鱈が入ってました。

Cafeteria_8

下のバージョンはマッシュルーム
Cafeteria_9

チョコレートのスイーツ
これは暖めたヤツにアイスクリームをのせてくれます。 サイコー
Cafeteria_10


締めはエスプレッソで、なかなかいいコーヒーです。
Cafeteria_11


我が息子っち、じっとおとなしく座っていられるのは1時間程度。なので、ゆっくり食事を楽しみたい時は、息子っちが補習校に行っている間にダンナと息子には内緒で出かけます。ごめんよ~。親だけ楽しんじゃって(笑)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。