Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからおかあさんのサンドイッチは嫌い

・・・だそうです

water cress2

理由は 具が「野菜だけ」だから

アボカドとルッコラ
アボカドとウォータークレス

息子っちのは
ベーコンとチーズ

親子でもサンドイッチの具の趣味は合わない

「どうぞ、中も見ますか?」

・・・と勧めていただいた。

Sourdoughで有名なパン屋さんにて。

FB1

あれこれ質問してパンを買ったあと、パンの写真を取らせてほしいとお願いし、遠慮しながら、でもしっかり写真を取っていたところ、

「どうぞ良かったら 中の オーブンも見ます?」

とお店の若いBakerの方が誘ってくれた。

モチロン

FB6

お店のキッチン部分に案内してもらって拝見したのが 1930年代から使っているというWood Fire オーブン

FB3

パンを作る工程も丁寧に説明してもらい

オーブンの中はこうなってます
FB4


食パンの型はこれ
FB5

パンを焼くWood Fireのオーブンを見たのはこれでたぶん2回目。パースにいた時 New Norciaの修道院でもオーブンを使ってパンを焼いていたのを見た (有名なNew Norcia Bakeryのスタートしたところ)

とても親切なお兄さんとパンの話で盛り上がり
天然酵母の取り扱いの難しさ、とか。自分の仕事が大好きな人たちは本当に話をしてる間楽しそう(で、羨ましい・・ 私のそれくらい熱中できる仕事をいままでしたことがあるのか?)

私は天然酵母には挑戦したことないので、ひたすら尊敬。

ダンナはキッチンエリアで作っていた大きなピザにも視線が釘付け

恐らくお店がすいていた時間帯(10時ころ)だからだと思うのだけど、とても丁寧に教えてくれた
 
FB2

こちらのお店はCOCO@メルボルンもお勧め。ブログを拝見して行ってみました。

この日のお買い上げ

Pane Casalinga
Unbleached white flour, baked on the oven floor

FB9

切るとこんなかんじ

FB10


そして私が気に入ったのは
Parisian Sourdough
Casalinga build up again with more flour and water then fermented again, resulting in a crustier loaf with a complex flavour

FB8

二度発酵させているので皮が厚くパリッと

FB11

皮の部分が好きな私にはたまらん 噛んで、ますます大好きなパリッと皮。

そして
ブルーベリーのスライス
FB7
これももっちり食感、しっかり焼けてます(ココナツ入り)

実はIrish Potato Breadが欲しかったのだけど、タッチの差で前にいたお客さんに買われてしまった。まあそのおかげで(「もうポテトブレッドないですか?」と聞いた)、会話が始まって「中見ます?」につながっていったので良しとしよう。


Firebrand Sourdough Bakery
69 Glen Rira Rd. Ripponlea


追記:
本格的なパンが焼けそうな 「Burke Street Bakery」の本によると、Sourdough は オーガニックの小麦粉と質のいい水の半々で始めて、毎日毎日小麦粉と水を足してあげながら3週間!!育てていくらしい。 私は駄目だ、そこまでマメに世話ができない・・・

影響を受けやすい

・・・私は、映画なんかで見ると、すぐ食べたくなる。

Kamome1

かもめ食堂」でみたシナモンロール

あまりにおいしそうなので
コチラで拝見したレシピで。

シナモンを買いにいって
Kamome2

Kamome3

ちゃんと発酵してる(驚)

Kamome4

この焼き色を見よ、という感じ。

Kamome5


実は先日挑戦し(別のレシピで)、見事に失敗(涙)
いままで君の作った料理の中で、ナンバーワンを競うくらいまずい
とダンナに言わせた、岩のように固いシナモンロールを作ったのは3日前。

私自身も決して否定しない、↑のコメントでした(本当にまずかった・・・・)

きちんと発酵させるのがポイント、という以前に

材料はきちんとはかる、
作り方はテキトーにしない

というのがパンつくりのポイントなんでしょうね(笑)。
「なんだ、やればできるんじゃん」というダンナのコメント。


目分量・勘でタイミングをはかる、アジア系の料理とは違うってことで。


追記:
「かもめ食堂」はフィンランドが舞台ですが、北欧の国ではシナモンロールは人気のコーヒーのお伴、らしい。 スウェーデンのクライアントのオフィスでもコーヒーと一緒にシナモンロール山盛りのお皿が「どうぞ」と出されました。

ベーグルぐるぐる

神戸に住んでいたのですが、やっぱり「パンおたく」でした。阪神間はおいしいパン屋さん多いです。特にパリッと系のバゲット(超有名店が芦屋にあります)や、どっしり系のドイツパン、近所にあったイタリア系のパン屋さんが大のお気に入りでした。

メルボルンでもおいしいベーカリーを求めてさまよってます! イマのところ何軒か天然酵母のパンがおいしいお店を発見しました。

天然酵母のベーカリー以外で現在はまっているのが「ベーグル」。会社から歩いて10分ほどのところにある「Glick's(グリックス)」はKosher Foods(コーシャー:ユダヤ教の戒律にのっとった食品)のベーカリーで、ベーグルやユダヤ式ケーキが有名。カフェも併設してランチもあります。結構大きいベーグルが1個80セントから90セントくらい(70円くらい)なのでまとめて10個とか20個買って冷凍しておきます。お弁当にアボガドとトマトをはさんだ胚芽ベーグルサンドイッチとか、おやつにブルーベリーベーグルにゆる立てのクリームをあわせて飽きることなし。写真は胚芽ベーグルとプレーンベーグルでたまごサンドイッチした時のもの。

ベーグル


Glick's
メルボルンに何店かとNSWにもお店があるみたいです。
パンにつけるディップもメチャうま。なすのガーリックディップをお勧めします。
ユダヤ教のお店なので金曜日は早仕舞いなのと、土曜日はお休み(ウェブサイトには日がくれてから夜中まで営業している、と書いてありますが?)です。


今日はクリスマス・新年とお休みが続いて、冷凍庫のベーグルストックが少なくなってきたので、お昼休みに散歩がてら買出しに出かけました。晴れいてそれほど暑くなく、そよ風の絶好の散歩日和。
し・か・し
がーん。お店はお休みでした・・・。 

結局、帰り道に家の近くのグルメグローサリーで、「スペルト小麦とパンプキンシードの天然酵母パン」をゲットして帰宅。これはこれでおいしかったです。明日はこれでサンドイッチだな。
Spelt & Pumkin seed bread

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。