Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C19]

メルボルンは美味しいコーヒーに当たる事が多いけど、方向音痴な私は場所を覚えられないんですよねぇ~(汗)。Cityに出る時は、きんさんのこの記事を再び開いて確認してから行きます(笑)。

↓マギービアはテレビで見るイメージとそのまんまですよ♪9月に彼女のファームで会えたんです。とても優しくフレンドリーな女性でした。
  • 2010-01-19 15:46
  • あゆみ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/9-70bfac0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「う」の抽斗(ひきだし):んまい! コーヒー

Market Lane Coffee

「あ~おいしいコーヒーが飲みたい」が口癖。自他共に認めるカフェイン中毒で、「んまい!(うまい、と言うより 「んまいっ」ていう感じ)」とうなるコーヒーをいつも夢見てます。

メルボルンは「カフェ文化 華やかなりし街」だそう。ヨーロッパ系のストロングコーヒーのお店が多い(らしい)。 Melbourne Coffee Reviewのウェブサイト見ながら「おいしいコーヒー飲みたいなぁ。」

そして今日は日曜日。 ひさびさに、一人でお出かけ♪という絶好のチャンスが訪れました(7歳男子とダンナがセットで一緒に出かけると、のんびりコーヒー、というのはちょっと難しいもんで。)
美容室でカットしてもらった後、最近話題のPrahran Marketの「Market Lane Coffee」へ。

コーヒー好きのブログサイトに載っていたのを見て、すごく気になっていたところに、やっとチャンスが到来。いつもは超混雑のマーケットも日曜日のお昼過ぎに行くと、グローサリーのお店はもう閉店しているところもあるので、一段落、というかんじ。 

Market Lane Coffee_2

たぶんお店の方に聞けば、いろいろ豆の種類も選んでくれると思ったのだけど、「うちのミルクはオーガニック」と黒板に書いてあることだし、ここはひとつブラックよりもスタンダードなラテで。そして・・・、ドライフルーツがぎっしり詰まったスイーツもひとつ。これたぶん、どっしりしたDoughにドライフルーツのラム酒漬けをくるくるロールして揚げてあるので、苦めのコーヒーとぴったり。 ひさびさの「あたり!」のコーヒー。 

まったりコーヒーを堪能しながら、ふと壁を見ると、なんと・・・・

Market Lane Coffee_3

そうそう、こちら(オーストラリア)では「アイスコーヒー」とオーダーすると、ミルクが入った超甘い、そしてアイスクリームが上に「どてっ」と鎮座したコーヒーが登場します。 そんな中で、日本みたいに「ブラック」で砂糖もミルクも入れない、エスプレッソか濃い目にドリップしたコーヒーに氷に浮かべたタイプを発見するのはもう奇跡に近い(と、私は思うのです)。 

めでたくこのお店は私の「う」の抽斗入り。「う」の抽斗というのは、エッセイストの向田邦子さんが、おいしいものを見つけたら、ラベルやお店の情報を「う(うまいものの「う」)」の抽斗と呼んでいた整理棚に入れていた、という話から、私もマネしてます。



カフェでコーヒーをゆっくり楽しむのが私のストレス発散のひとつなので(あとは、本屋さんで立ち読み、とか)、早めに仕事を切り上げて帰る日なんかは、ブログや新聞で気になっていたカフェに立ち寄り(時々しかできませんが)。Market Lane Coffeeと同じくらい「んまい!」だったのは、シティの「Brother Baba Budan」。 Little Burke Streetで見逃してしまいそうなくらい小さなお店だけど、メルボルンのベストコーヒーのひとつ(らしい)。たまたま寄った時の選曲がボサノバだったので、ほっと一息にはぴったりでした。


あ~ んまいコーヒーが飲みたい!


Market Lane Coffee
Brother Baba Budan
スポンサーサイト

コメント

[C19]

メルボルンは美味しいコーヒーに当たる事が多いけど、方向音痴な私は場所を覚えられないんですよねぇ~(汗)。Cityに出る時は、きんさんのこの記事を再び開いて確認してから行きます(笑)。

↓マギービアはテレビで見るイメージとそのまんまですよ♪9月に彼女のファームで会えたんです。とても優しくフレンドリーな女性でした。
  • 2010-01-19 15:46
  • あゆみ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/9-70bfac0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。