Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C8]

こちらで売ってるレシピ本って読み応えありそうなもの多いですよね~。でも高いのも確か(涙)。私はレシピ本を「見る」のが趣味なんですけどこの頃ちょっと趣向が変わってきて読んでも面白そう・・・って思うようになりました。
いい本あったらまたブログで紹介して下さいね~!!

[C9]

どれも私が欲しい本ばかり(一番上の写真のナイジェラのは持ってます)。高いから買ってないの。そんなに良い本がそろっているライブラリー、ここにはないのが残念。
バークストリートのパン屋さん、シドニーに住んでいた頃はよく食べました。本当にどれも美味しかった。ルークニュエンのレストランも行ったことあります。お昼で空いている時間だったので、オーダーを取ってくれたのがルーク自身だったことが後になってわかったの。それだけ良い本がそろえばしばらく楽しめそう!

[C10]

気になる本が勢揃いですね!本屋さんに行く度に立ち読みしてしまう本が、この中に何冊かあります(笑)。特に、Maggie Beerには会えた事があるので、特別な思いがあり、この本もいつか欲しいと思っています♪でも、高いですよねぇ~。
  • 2010-01-09 17:27
  • あゆみ
  • URL
  • 編集

[C11]

よーこさん、 
こっちの料理本は写真がすごく綺麗で見るだけで満足ですよねぇ。 それで満足して「作る」までいかないことも多いのですが。 確かJulie&Juliaの映画は(私は見損ないましたが)料理本のレシピを全て作るってストーリーでしたっけ? 

[C12]

かおりさん、
Bourke St. Bakeryでパンを買っていたなんて羨ましい・・・ シドニーは2回しか行った事がなくて(しかも2泊ずつとか)、雑誌のDeliciousとかで美味しそうなレストランとか載っているのを指をくわえて(!?)読んでいます。いいなぁ。

[C13]

あゆみさん、
Maggie Beerさんて、テレビとか出てくるそのままの方なんでしょうかねぇ。このブログを書いていた時に、「日本の料理研究家にたとえると・・・」とか考えていたのですが、ぴったりの人が思いつきませんでした。 肝っ玉母さんっぽい雰囲気があるのですが、キッチンのインテリアとかカントリー風でおしゃれだし。う~ん。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/5-23eca219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏休みの課題図書

年末・年始でお休みもあるし、授業は1月いっぱい休みだし、と言うことで子供の時の「夏休みの課題図書」みたいに本を何冊かライブラリーで選んで読むことにしました。

課題図書

いかに趣味と旅行に特化したライブラリーに行ったとはいえ、見事にお料理の本ばっかり。我ながらこれほど食べることが好きだったとは。写真がとてもきれいで、「ぐっと読ませる編集」の料理本も多いので、お料理に挑戦せずとも楽しく眺めることができます。

特に今回は「オーストラリアのセレブリティシェフ・料理研究家」を中心に選んでみました。

まずは・・・

南オーストラリア・バロッサ在の「Maggie Beer」の本
Book_MaggiB
とても、とても有名な料理研究家のMaggie Beer。確かスローフードの推進に力を入れておられるのと、ファームショップの製品はいろんな国へ輸出されて超人気とか(日本でもグルメショップで見たことがあるような)。
この本は彼女が経営する農場で収穫される食材を材料別にレシピとその材料にまつわるストーリー込みで紹介している、すっごい本。これは本屋さんで見た時に表紙が布製できれいだったのと、カントリースタイルのキッチンの写真がきれいだったのでずっと気になっていたヤツで迷わず課題図書選定。
http://www.maggiebeer.com.au/home/


次は・・・
在メルボルンのイタリア系オージー「Karen Martini」の本
Book_KarenM

Karen Martiniはテレビの「Better Homes and Gardens」というガーデニング・DIY・ペット・料理とファミリー向けの番組でイタリアンっぽいレシピを公開している元シェフの料理研究家。すごく凝ったシェフのレシピもあるかと思いきや、イタリアの家庭料理・おばあちゃんが作ったようなレシピとか、こってり甘いデザートのレシピもあってお洒落な料理本。


そして・・・
シドニー在のベトナム系カリスマシェフ「Luke Nguen」の本
Book_LukeM

テレビのLuke Nguenがベトナムを料理をしながら北から南へ旅をする番組とのタイアップ本(と思います、たぶん)。若い男性なのですが、シドニーですごく有名なベトナムレストランのシェフだそうです。レシピもすごく良いのですが、ベトナムの大きな都市を訪れながら南下していく彼自身の旅のストーリーの部分もなかなか読ませてくれます。実は以前ベトナムに行った時に感動した、もちっとした皮の生春巻き(乾燥のヤツではないやつ)のレシピを発見し、あのもちっと感はライスフラワーに加えて、「タピオカフラワー」を入れるのが秘訣なのを発見し、超感動!! 写真がすごくきれいです。
http://www.sbs.com.au/shows/lukenguyen/episodes/page/i/1/h/Episodes/

最後に・・・
シドニーの人気ベーカリーらしい「Bourke Street Bakery」の天然酵母パンとケーキの本
Book_BS Cafe

天然酵母がそんなに手間のかかるものだとは知りませんでした~(脱帽!)という本です。私はハード系・どっしり系のパンが大好きなのですが、みごとに私のツボにはまっています。こんなに手間のかかるのを知ってからは、天然酵母のパンは高い!とか文句言えなくなりました。ケーキも飾りの少ないどっしり系で、普段はケーキはまったく焼かない私なのに、さっそくふたつ挑戦してしまいました。その写真は後日。この本はあまりに気に入ってしまったので、クリスマス後の本屋さんのセールで20%オフにも背中を押されて、買ってしまいました~。

オーストラリアの出版社のお料理の本は装丁もどっしりしていて、読ませるストーリー仕立てのものあり、なかなか長いお休みの課題図書としてはぴったりです。ただどれもとても高い($50とか$80とか)のが残念ですが・・・。図書館で借りるか、よっぽど気に入ったら、(日本とは違い本の再販制度がないので新刊本でもお店によってはバーゲン価格で販売しているので)大手チェーンを何件か回ってベストプライスを探して買うというのが、私のささやかな夏の読書計画です。



 
スポンサーサイト

コメント

[C8]

こちらで売ってるレシピ本って読み応えありそうなもの多いですよね~。でも高いのも確か(涙)。私はレシピ本を「見る」のが趣味なんですけどこの頃ちょっと趣向が変わってきて読んでも面白そう・・・って思うようになりました。
いい本あったらまたブログで紹介して下さいね~!!

[C9]

どれも私が欲しい本ばかり(一番上の写真のナイジェラのは持ってます)。高いから買ってないの。そんなに良い本がそろっているライブラリー、ここにはないのが残念。
バークストリートのパン屋さん、シドニーに住んでいた頃はよく食べました。本当にどれも美味しかった。ルークニュエンのレストランも行ったことあります。お昼で空いている時間だったので、オーダーを取ってくれたのがルーク自身だったことが後になってわかったの。それだけ良い本がそろえばしばらく楽しめそう!

[C10]

気になる本が勢揃いですね!本屋さんに行く度に立ち読みしてしまう本が、この中に何冊かあります(笑)。特に、Maggie Beerには会えた事があるので、特別な思いがあり、この本もいつか欲しいと思っています♪でも、高いですよねぇ~。
  • 2010-01-09 17:27
  • あゆみ
  • URL
  • 編集

[C11]

よーこさん、 
こっちの料理本は写真がすごく綺麗で見るだけで満足ですよねぇ。 それで満足して「作る」までいかないことも多いのですが。 確かJulie&Juliaの映画は(私は見損ないましたが)料理本のレシピを全て作るってストーリーでしたっけ? 

[C12]

かおりさん、
Bourke St. Bakeryでパンを買っていたなんて羨ましい・・・ シドニーは2回しか行った事がなくて(しかも2泊ずつとか)、雑誌のDeliciousとかで美味しそうなレストランとか載っているのを指をくわえて(!?)読んでいます。いいなぁ。

[C13]

あゆみさん、
Maggie Beerさんて、テレビとか出てくるそのままの方なんでしょうかねぇ。このブログを書いていた時に、「日本の料理研究家にたとえると・・・」とか考えていたのですが、ぴったりの人が思いつきませんでした。 肝っ玉母さんっぽい雰囲気があるのですが、キッチンのインテリアとかカントリー風でおしゃれだし。う~ん。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/5-23eca219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。