Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/177-1350c53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンチョコ

「私 Japanese Cookingが大好きなの。ぜひ今度料理するところが見たいわ~」

・・・と以前勤めていた会社の会計担当の中国系マレーシア人のおばちゃんに言われたのが11月。ホリデーをはさみ、お互い予定を調整して今週の末に我が家にお招きすることになった。

・・・実は私、和食が苦手(作るのがね。食べるのは大好きですが)

家でつくる普段のゴハンはOKなのだけど、人を招いてお出しするような和食はできない(と思う)。これがヨーロッパ系オージーであれば、「テキトーにアジア系とのフュージョン」でごまかせると思うのだけど、今回は相手が中国系・・・となると中国料理っぽい和食はつまらない。前に料理の話をしたところによると、日本食のテイクアウェイをたまに買うけど、「買うとした日本人の経営のお店じゃないと買わないの」と言っていた(なんちゃって和食はまずいから、だそうだ)。がーん。

日本で人を呼んでゴハンした際には、習っていた台湾料理のレシピとか、本から選んだベトナム料理とか、イタリアン!とか、いっそのことインドカレー、とか作っていたので、「和食でおもてなし」は実はしたことが・・・ない。

・・・と思っていたところで、図書館でみっけた本
Books1

栗原はるみさんの料理本の英語版。
だいぶんまえに出版された本は2冊ほど持ってますが(「ごちそうさまがききたくて」)、材料が揃わないので最近はほとんど見てなかった。借りて読んだところ、メニューも材料も外国で手にはいりやすそうなものに置き換えてあって、いい感じ。みょうが とか 木の芽 とか せり とか みつば は登場せず(笑)

メニューを考えるちょうどいいアンチョコになりました。レシピもコピーしてあげることができるし。

確か栗原さん 先にもう一冊英語の料理本を出版されていて(「Harumi's Japanese Kitchen」)、ロンドンかどっかの本屋さんで平積みになっていたのを見たような気が。こういう家庭料理っぽい和食の本って、(日本食に興味のある人への)プレゼントにいいなぁ、と。JAPANESE = SUSHI / TEMPURA / WAGYU BEEFだけではないっすよ、と薀蓄を垂れたくなる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/177-1350c53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。