Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C229] 雰囲気のある学校

初めまして、ご訪問ありがとうございました。
早速お邪魔しましたー。
まず、きちんと整理された知的なブログという印象です。

そちらで修士をお取りになったのですか。
よく頑張られましたね、小さなお子さまがいらっしゃるのに。
つい、専攻は?とお聞きしたくなりました。

これから過去記事も拝見させていただきましょう。
  • 2011-05-30 11:34
  • 白秋マダム
  • URL
  • 編集

[C230] 素敵な建物

かっこいいな~。。私とは雲泥の差。。
ちょっと恥ずかしくなってきました。。。
お勉強が嫌いで体育会系か?美術系か?
そんな風に人生を歩んで来た私。。。
もう一度生まれ変われるならばきんさんのように
勤勉で誠実な人生を歩んでみたいわ~。。
まあ、、食べ物は普通。。なんて書いてある所は
ちょっと似たものを感じましたが。。笑
  • 2011-05-30 20:44
  • ぼるんちゃん
  • URL
  • 編集

[C231] あ。。。。

ほれね、、ぼけてるでしょ!

卒業おめでとうございます!!
学士の取得も大拍手!!!
  • 2011-05-30 20:45
  • ぼるんちゃん
  • URL
  • 編集

[C232] 懐かしい!

この黒ガウン、持ってましたよ。
実家にまだあると思いますっ!(興奮気味。笑)
イギリスに留学していたんですよー。
寮生活だったんですけど、週に1度、寮で食事前に先生も集まったミサがあって、その時に着用してました。
残念ながら、その大学を卒業しては無いので帽子をかぶる機会はありませんでした。
あっ、フィリピンも同じように帽子とガウンで卒業でした。

[C233]

白秋マダム様にコメント有難うございます。
修士はリサーチ学位ではなくMBAなので「広く浅く」の勉強でした。年下のクラスメートとのガールズトークは機敏転換にピッタリでした(笑 )
  • 2011-06-05 16:52
  • きんさん
  • URL
  • 編集

[C234]

そうそう、「食べ物は普通」のコメントをダンナに「どーだった?」と聞かれて返したら、「ゴハンを食べに行ったんじゃないんだから」と呆れられたんです。 でもせっかくだもんねぇ、食べ物はタイセツ。
  • 2011-06-05 16:56
  • きんさん
  • URL
  • 編集

[C235]

garandeeさんコメント有難うございます。
わ~、ガウンって毎週着てたんですか? 「イギリスは美味しい」の本で読んだのは本当だったんですねぇ。コットンのヤツだとヨレッとした具合が味があるとか(笑)

こちらメルボルンでも古い大学だとresidential collegeがあるようで、寮生はガウンを着るみたいです。同じ大学内でも私のいったビジネススクールは新しい校舎で趣とか全然なかったデスね。卒業式位しかそういう雰囲気ありませんでした。
  • 2011-06-05 17:09
  • きんさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/108-e4349066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっと・・・・

先週はバタバタしてました。

VDinner1

メルボルンに戻って来てから始めた大学院での勉強、やっと終わりを迎えることに。

28日の土曜日は「卒業式」 トシをとってからの2年半のパートタイムでの学生生活もその日をもって終了。

Graduation(卒業」のイベントは Valedictory Dinnerから、卒業式の当日までがメインイベント。

事前に卒業予定の学生にディナーの招待状が郵送されてきます。上の写真の下にあるのが招待状。見えませんが、招待をするホストはDean(学長)。ちなみに招待状を受け取ってから単位がとれて本当に卒業できるか確認されるのですが。

VDinner2

場所は大学内にあるCollege (Ormond College) 私の通っていた学部は大学本体から道を隔てた新しい建物にあるので、本体のほうの古いカレッジの中にあんまり入ったことがなく、すっかり観光客状態。大学の中でもとても古い部類に入る建物。

まずは中庭でウェルカムドリンク。今年はフルタイム・パートタイム・エグゼクティブプログラム含めて特に卒業する学生が多いらしい。

ドレスコードは「ビジネス」だったので、フツーにスーツかワンピース。(服装を悩まなくて良かったので気が楽)

ディナーの催される会場は イギリス式の「ハイテーブル」の設定。 アカデミックスタッフはステージのように少し高くなっている正面に。学生は下のテーブルに。ハリーポッターのホグワーツのディナーと一緒(と、写真を見せた時の息子っちのコメント)。食堂だけでなく建物の中全体がホグワーツっぽいですが。

VDinner3


VDinner5

Deanのスピーチや

VDinner6

成績優秀者(Dean's list)の発表

VDinner4

そして生徒によるTeaching Excellence(教授への投票)の結果などなど発表もあって

受賞者の教授達のスピーチはウィットに富んでとても面白く、親しいクラスメートの受賞だとスタンディングオベーション(立ち上がって拍手)

ただし 食べるものはフツー。食べるのが主ではないからね(笑) あっ、でもワインはこれでもか、と出てきます(飲み放題 笑)

チキン
VDinner9

ラム
VDinner7

ベジアリアンオプション
VDinner8

長い夜は更け、After Partyは 大人数でそのままシティのバーへとくり出し、しゃべるしゃべる。やっぱ若い人たちは体力あるよね。でも年寄りの私は、深夜1時前にはリタイアして帰途へ。

私は学士は日本の大学だったので(それもすごく昔)、こういうイギリス式の卒業イベントは初体験。せっかくなので(もうこれからの人生でさらに大学に行くとか卒業なんてイベントは二度とない)次のポストで卒業式で見た面白そうなことをアップ予定。



スポンサーサイト

コメント

[C229] 雰囲気のある学校

初めまして、ご訪問ありがとうございました。
早速お邪魔しましたー。
まず、きちんと整理された知的なブログという印象です。

そちらで修士をお取りになったのですか。
よく頑張られましたね、小さなお子さまがいらっしゃるのに。
つい、専攻は?とお聞きしたくなりました。

これから過去記事も拝見させていただきましょう。
  • 2011-05-30 11:34
  • 白秋マダム
  • URL
  • 編集

[C230] 素敵な建物

かっこいいな~。。私とは雲泥の差。。
ちょっと恥ずかしくなってきました。。。
お勉強が嫌いで体育会系か?美術系か?
そんな風に人生を歩んで来た私。。。
もう一度生まれ変われるならばきんさんのように
勤勉で誠実な人生を歩んでみたいわ~。。
まあ、、食べ物は普通。。なんて書いてある所は
ちょっと似たものを感じましたが。。笑
  • 2011-05-30 20:44
  • ぼるんちゃん
  • URL
  • 編集

[C231] あ。。。。

ほれね、、ぼけてるでしょ!

卒業おめでとうございます!!
学士の取得も大拍手!!!
  • 2011-05-30 20:45
  • ぼるんちゃん
  • URL
  • 編集

[C232] 懐かしい!

この黒ガウン、持ってましたよ。
実家にまだあると思いますっ!(興奮気味。笑)
イギリスに留学していたんですよー。
寮生活だったんですけど、週に1度、寮で食事前に先生も集まったミサがあって、その時に着用してました。
残念ながら、その大学を卒業しては無いので帽子をかぶる機会はありませんでした。
あっ、フィリピンも同じように帽子とガウンで卒業でした。

[C233]

白秋マダム様にコメント有難うございます。
修士はリサーチ学位ではなくMBAなので「広く浅く」の勉強でした。年下のクラスメートとのガールズトークは機敏転換にピッタリでした(笑 )
  • 2011-06-05 16:52
  • きんさん
  • URL
  • 編集

[C234]

そうそう、「食べ物は普通」のコメントをダンナに「どーだった?」と聞かれて返したら、「ゴハンを食べに行ったんじゃないんだから」と呆れられたんです。 でもせっかくだもんねぇ、食べ物はタイセツ。
  • 2011-06-05 16:56
  • きんさん
  • URL
  • 編集

[C235]

garandeeさんコメント有難うございます。
わ~、ガウンって毎週着てたんですか? 「イギリスは美味しい」の本で読んだのは本当だったんですねぇ。コットンのヤツだとヨレッとした具合が味があるとか(笑)

こちらメルボルンでも古い大学だとresidential collegeがあるようで、寮生はガウンを着るみたいです。同じ大学内でも私のいったビジネススクールは新しい校舎で趣とか全然なかったデスね。卒業式位しかそういう雰囲気ありませんでした。
  • 2011-06-05 17:09
  • きんさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abitofeverything.blog108.fc2.com/tb.php/108-e4349066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。