Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もちっ」か「ぱりっ」か、それが問題

・・・と思うのはピザの生地。

「ゴハン作るのめんどくさっ」と思う週末は、ピザ。生地は「ホームベーカリー」が捏ねてくれるので、トマトソース作って、具をそろえておけば、各人好きなモノをのせてオーブンに入れるだけ。楽勝。

ホームベーカリーについてきたレシピ本に載っているピザ生地は、材料に小麦粉・塩・イースト・水に加えて、「砂糖」「バター」「ミルクパウダー」入り。

Mochi1

焼くとこんなかんじ
Mochi2

端っこまでもちっ、食べ応えあり。「ふかふかのパン」みたい。

ベーコンLOVE♪の息子っちはベーコンピザ(そして母はこっそり後でトマトとアスパラを追加)
Mochi3
Mochi4

美味しいのだけど、なんだか「ピザ風パン」って感じじゃね?と文句を言うダンナ。砂糖入ってるのでなんだかちょっと甘いし。

私も同意します。確かにピザというよりパン。


なので先日は「ぱりっ」と生地を目指して
‐バターの代わりに「オリーブオイル」
‐砂糖はなし
で、やってみた。

Pari2

確かにあんまり発酵せず、

Pari1

焼くと「パリっ」

具は私チョイスの 「Bocconcini+バジル+トマト」・「ツナ+コーン」・「トマト+ブロッコリー」
欲張りに3つのせ。

意外!パリっと生地結構おいしい。

次はスーパーで売ってる「Pizza Stone(オーブンで焼くときに台にすると、うまくパリッと焼けるらしい道具)」を買うべきかしらん。

ピザは手間が掛からなくて、手抜きの週末ごはんにぴったり。


追記:
大学に入るくらいまでピザが苦手だった私。ピザに開眼したのは大学の時に少しだけアルバイトしたイタリアンレストランで。

宝塚にあるイタリアンの老舗の「アモーレ・アベーラ」(その当時あった苦楽園の支店でバイトしてたのですけど)。ココのピザはしっかりタイプのピザ生地で、「おいし~」とピザで初めて感動した。ウェブでメニューみたら、いまから思えば超スタンダードなメニューなのだけど、おウチのイタリアンぽくて美味しかった。

あと、特筆すべきは「特製カルボナーラ」
生クリームを使うカルボナーラではなくて、「茹でたパスタを卵黄で和え、その上にたっぷりのオリーブオイルでカリカリに炒めた薄切りのたまねぎとベーコンを上からオイルごとかけて、さらにパルミジャーノチーズと黒胡椒をたっぷりかける」という、カロリー高そうなカルボナーラ (こんな感じ) 。 他のどこのイタリアンでもメニューにみたことがないのだけど、すっごくおいしかった。

こちらのお店は大学を出てからはほとんど行った事がなく(再訪してがっかり、ってのが嫌だったので)、もうすごい昔の記憶なのだけど、イマも美味しいのかなぁ。


Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。