Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガツンと

・・食べる晩御飯。
今日はどうしてもしっかりしたものが食べたかった。

なので、コレ。
Sweet & Sour Pork

黒酢の酢豚

男らしく(?!)白ゴハンと一緒にガツンと食らう、という感じ。

こういうガツン系のおかずは分量も適当に目分量で(いつもですが)

材料
豚肉:今日はヒレ肉で柔らかく。もっとガツンといきたい時は骨のあるスペアリブ(排骨)で。買うのは絶対中華系のお肉屋さんで買うほうがいいらしい(知人の中国人曰く、スーパーで買う豚肉は肉の臭みが強い、とか。ここはひとつ中華系のマーケットでお店のお兄さんに「私は肉の良し悪しはわかってるんだからね」というフリをして、よさそうなピースを選んでもらうのがいいかも)。下ごしらえにちょっとお肉の繊維を切っておくほうが柔らかくなって美味しい。

甘酢あん:
中国黒酢(香酢)と醤油、砂糖を大体同量で混ぜたものに、紹興酒、そして水溶き片栗を加えておく。砂糖は好みで減らして。

野菜:今日は彩りよく赤・黄・緑のピーマンとスナップえんどうにたまねぎ(下ごしらえとして軽く油通しをしておく)

作り方
1.お肉に紹興酒・塩・胡椒をし、片栗粉と溶き卵を手で揉みこむ←普通に衣を付けてあげるよりもこっちの方法ですると柔らかく仕上がる
2.低めの温度の油に、1のお肉にさらに片栗粉をまぶしたものを入れ、じっくり揚げる→中に火が通った状態で一度お皿にとる
3.油の温度を上げて、えいやっと高温で二度揚げ。外側の片栗粉のところがきつね色でパリッとなるように。
4.フライパンにごま油を熱して潰したにんにくと小口切りのねぎを入れる。
5.香りがたったところで、揚げた豚肉、油通しした野菜を入れて、
6.あわせておいた甘酢あんを絡めて、仕上げに黒胡椒をガリガリふって出来上がり。


かなり昔に、当時愛読していたおやじ向け(?!)料理雑誌の「Dancyu」で酢豚特集があって、そこで見つけたスペアリブの黒酢酢豚台湾風。それ以降、「大人の酢豚は黒酢」と勝手に決め込んで、我が家で酢豚といえばこのパターン。

コレステロールが高いのにこんなガツンとしたゴハンを食べていいのだろうか・・・と食べた後で少し反省。でもおいしかった、からたまには良し、とする(笑)。


=おまけ=
ダンナがご近所さんが引越しするので、行き場のなくなったプラントをもらってきて植えたヤツ。先週、花が咲いた。
Aloe1

アロエの花。

Aloe2

アロエに花が咲くのを知らなかった。驚き。


スポンサーサイト

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。