Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The King's Speech

今日から 息子っちは 日本語補習校が再開しました。

コドモが勉強している間に親は羽を伸ばす

ことにしている我が家ですので、今日はコドモがいると行けない オトナの映画に行ってきました。


The King's Speech

ゴールデングローブにも アカデミー賞にもノミネートされています。
先日コドモ向け映画に行った時に見た予告で、
「絶対観る!」と決めてました。

吃音の為 演説を行なうのが苦痛の皇太子(後のジョージ6世)とオーストラリア人のスピーチセラピストの友情の話。
史実に基づいている話だとか。

我がダンナ、もとはイギリス人(でしかもかなりの歳)なので、ストーリーの背景がわかる。 しかも小さい時少し吃音だったらしく、小学校の時にスピーチセラピストに指導を受けたとか(今はこれでもかとペラペラしゃべるので、その話を聞いた時にビックリしましたが)

なので、のめり込んで見ていました。

オーストラリア人のスピーチセラピストの態度(ロイヤルファミリーに対しても変わらない、というか)とイギリスの階級的な部分の対比も面白いところ。 時々クスッと笑えます。

ゼヒオススメ。




スポンサーサイト

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。