Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが正装・・・らしい

Gown1

卒業式の当日は ハリーポッター(!?)のようなガウン着用。大学からの卒業に関するレターには

「卒業式に出席する者は必ずAcademic Dress / Regalia(アカデミックドレス・式服)を着用しなくてはならない」


フツーは借ります。大学内のGrad Shop、オンライン予約、当日ピックアップ。

ガウンを借りる時に指定するのは学位と学部と身長だけ。 日本で大学の卒業式にレンタルで振袖着たのも、イマはもう大昔の話。その時と違って柄とか色を選ばなくていいので楽チン。デザインや色は大学によって決まってマス。


Gown5


私の場合はMaster(修士)なので

Trenchers (角帽:房のついた帽子)

Black gown with hood of black silk and lined with the colour of the faculty(黒と学部の色のシルクで縁取りされたフードの付いた黒いガウン。ちなみに袖の長さは七部袖くらい)


面白いのは学位によってデザインが違う

博士(Doctrates)は角帽でなく「七福神の布袋様のような帽子」に 「長袖のガウンでチェリー色の縁取りとフード」

学士(Bachelor)は「帽子なし」で学部の色の縁取りの黒のガウン。袖短し。

学士→修士→博士 と学位が高くなるにしたがって、袖とか帽子とかデコラティブになっていく様子(こんなところで階級差!)


最高位の「学長(Chancellor)」はこんなに豪華。
Gown6


角帽は 後ろから見るとこんな感じ
Gown7

額にかかるラインはまっすぐ。でも後ろのラインはそのまままっすぐかと思ったら、かぶったときにしっくりと来るようカーブ。かぶったらこんな感じ。

房は左側の前に垂れます

Gown 2

借りるときに「ぴったり被ってる~?」とやたら確認するショップのお姉さん。証書授与の時に帽子がずれたり、落ちたりするとみっともない、からだそう。

さてガウン。
昔、むか~し読んだ本、林望さんの「イギリスは美味しい」に、林さんがオックスフォード大学でフォーマルディナーに招かれた際に「スコラーズガウン」を着てハイテーブルディナーに出席するくだりがあり。

その説明そのまま!

Gown3


色は真っ黒
後ろにはギャザーがよっている
袖のところに変な段が付いている


袖のところは変な段・・というよりびろ~んと布が一枚袖から生えている・・というかんじ。上の写真で手に持っている部分。

借りる時に、ガウンとフードを着せてもらい、ずれないようにピンで留めてもらいます。

下はフツーのスーツか女性はワンピースとか着用。結構袖が見えたり、前身頃はボタンなどなくルースなので下に着ているものが見える・・・なので「コイツ 服の選び方失敗したな」という人もあり。 いちおうビジネススーツで、という指定があるだけど。

息子っち曰く「ハリーポッターのマント」。

このガウン、卒業式だけかと思いきや、だいぶん前に行った海外からの客員教授を迎えてのパブリックスピーチ(古いカレッジの暖炉のあるラウンジであった)では、カレッジに所属する教授・生徒はみんな黒いガウン着用してた、ような気がする(ただ、その時はフォーマルな機会ではないので、学生サン達、ジーンズとかTシャツの上に羽織ってたけど)。これも、「イギリスは美味しい」のカレッジの記載のところにあった 「そのままやん」と変に関心。

式の後にお世話になった教授の一人に聞いた話。
そのセンセ、マーケティングの教授なので「見た目にこだわるオトコ」。卒業式にお召しだったのは自分のPhDを修めたアイルランドの大学のグリーンと赤の縁取りの派手なガウン。

彼曰く
「ホントはね、自分の卒業した大学の学部のガウンを正装として着るモンなんだけど、教授達の中にはこだわらないヒトもいるからねぇ、ほらXXのXX教授なんか 今日はGrad Shopからの借り物!」 
「ココの大学のは地味なんだよねぇ」(それはあなたの大学のガウンに比べると色の組み合わせが地味、とは私のコメント)

確かにきちんと正装していたのは 見た目にこだわりそうな先生達ばかり(つまり普段の服装もコギレイにしてしている面々) なんだかビミョーなので笑ってしまった :)


卒業式の話は別に。



スポンサーサイト

やっと・・・・

先週はバタバタしてました。

VDinner1

メルボルンに戻って来てから始めた大学院での勉強、やっと終わりを迎えることに。

28日の土曜日は「卒業式」 トシをとってからの2年半のパートタイムでの学生生活もその日をもって終了。

Graduation(卒業」のイベントは Valedictory Dinnerから、卒業式の当日までがメインイベント。

事前に卒業予定の学生にディナーの招待状が郵送されてきます。上の写真の下にあるのが招待状。見えませんが、招待をするホストはDean(学長)。ちなみに招待状を受け取ってから単位がとれて本当に卒業できるか確認されるのですが。

VDinner2

場所は大学内にあるCollege (Ormond College) 私の通っていた学部は大学本体から道を隔てた新しい建物にあるので、本体のほうの古いカレッジの中にあんまり入ったことがなく、すっかり観光客状態。大学の中でもとても古い部類に入る建物。

まずは中庭でウェルカムドリンク。今年はフルタイム・パートタイム・エグゼクティブプログラム含めて特に卒業する学生が多いらしい。

ドレスコードは「ビジネス」だったので、フツーにスーツかワンピース。(服装を悩まなくて良かったので気が楽)

ディナーの催される会場は イギリス式の「ハイテーブル」の設定。 アカデミックスタッフはステージのように少し高くなっている正面に。学生は下のテーブルに。ハリーポッターのホグワーツのディナーと一緒(と、写真を見せた時の息子っちのコメント)。食堂だけでなく建物の中全体がホグワーツっぽいですが。

VDinner3


VDinner5

Deanのスピーチや

VDinner6

成績優秀者(Dean's list)の発表

VDinner4

そして生徒によるTeaching Excellence(教授への投票)の結果などなど発表もあって

受賞者の教授達のスピーチはウィットに富んでとても面白く、親しいクラスメートの受賞だとスタンディングオベーション(立ち上がって拍手)

ただし 食べるものはフツー。食べるのが主ではないからね(笑) あっ、でもワインはこれでもか、と出てきます(飲み放題 笑)

チキン
VDinner9

ラム
VDinner7

ベジアリアンオプション
VDinner8

長い夜は更け、After Partyは 大人数でそのままシティのバーへとくり出し、しゃべるしゃべる。やっぱ若い人たちは体力あるよね。でも年寄りの私は、深夜1時前にはリタイアして帰途へ。

私は学士は日本の大学だったので(それもすごく昔)、こういうイギリス式の卒業イベントは初体験。せっかくなので(もうこれからの人生でさらに大学に行くとか卒業なんてイベントは二度とない)次のポストで卒業式で見た面白そうなことをアップ予定。



週末の To Do List

学生生活関連の記事はほとんどアップしませんが、現在(いちおう)学生。


Dinasaurs.jpg


今期はケーススタディベースの2科目。来週の講義までにやらないといけないことは

Walking with Dinosaur の劇場版Making ofのDVDを観る
•Dreamworksの How to Train Your Dragon のDVDを観る

楽しい課題。これだけ見ると「何勉強してるんですか?」。

こちらの科目、各回に豪州で先進的なビジネスを行っている企業のエグゼクティグがゲストとしてプレゼンされ、ビジネス上の(マーケティング主)問題点を生徒が議論する、というコース。 これまでの2回はIBMと銀行と固い業界から。

そして来週は...

Walking with Dinosaurの劇場版の製作を行った会社のCEOが登場。

・・・で上の2作を観るのが事前知識の取得。 

実は我が息子っちWalking with Dinosaurの大・大・大ファン。劇場版も昔パースにいた頃観に行っています(私は出張でいけませんでしたが)。

この課題、息子っちは喜んで協力してくれるそう。

Another Unlucky Day

最近、ずっと「ついてないなぁ」と思っていたのですが。

今週末は集中講義を受けています。今朝、いつものごとく カフェラテを机の上において授業を聞いてました。
前の列に座った人、「ふあぁ~」とあくびをしたついでの手を伸ばして・・・・、そして私のラテを見事ヒット!!

ううっ、今期が始まってからいままでとったノート、資料そして、かばんが見事にカフェオレの攻撃を受け・・・・。 ああっ!!!!!!!!

こんな日もあります(涙)。 

コーヒーの染みの付いた資料を前に途方にくれた私ですが、前に座った人に悪気がある訳でなし、泣きたい気持ちを抑えて「No worries, that's OK」と言った自分を誉めてやりましょう。

せめて彼の手にあたったのが、ラテのカップではなく、水のはいったコップだったら良かったのにね。まあ、ラップトップPCが無事だったのが幸いでしょうか。 Always look on the bright side of life モンティパイソンも言ってるじゃないですか。ふぅ。

むむむ・・・

むむむ・・・。なんだか最近ばたばたしています。最後にブログを更新したのはいつだったことやら。
そんな中でも無理して時間なぞつくって時々カフェや気楽なランチなぞ出かけているのですが、写真は撮れどもブログにアップできず(涙)。

そして学校の期末が近づく中(2期制(semester)ではなく3期制(trimester)なので)、締め切りと試験準備の為怒涛の毎日となっているところへ、仕事のストレスと、「ストレス食い」するにはもってこいの状況です。 

・・・というのを理由にして時間を無理に都合をつけては美味しそうなお店を見つけて「こっそり」食べに行ってます。溜まった写真をアップしたいところです。 ふぅ。




Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。