Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゃあ 素敵

・・・と思ったお店

stpl17
(画像はお店のサイトからお借りしました)

お洒落なメルボルン案内 Broadsheetで見かけて気になってたココ

The Staple Store
19 Glen Eira Road, Ripponlea

カテゴリーとしてはヘルスフードショップになるのかな? 穀類やドライフルーツ、蜂蜜、スパイス、お茶なんかを扱っているお店(ワタシは「乾物屋」と呼んでる 笑)

「量り売り」+「行くときにはタッパーウエア持参推奨」で、いろんなお豆やお米、粉、ドライフルーツなんかを好きなだけ量って買う仕組み。量り売りなのでちょっとだけ買う、というのができてとっても便利

中身がジューシーなドライフィグ
stpl6

ピスタチオ+パインナッツにホワイトチョコレートをあわせて
stpl9

いつものビスコッティに新バラエティ登場
stpl21

ドライブルーベリーも少しだけ試しに買ったら、すごく柔らかい。
stpl19
これはドライクランベリーと一緒にビスコッティを焼く予定

粉もスペルト小麦やライ麦、他にもいろんな種類があって、Baking が好きな人にはたまらないのでは?



素材だけでなくお手軽なPremixのコーナーもあって

Mexicana Dupuy Lentils Mix
Stpl1

レンティルとスパイスがミックスされていて、
stpl2

缶トマトと一緒に煮込むだけ
stpl 16
ワタシはリークをじっくり炒めたヤツとベジストックを足した

これがなかなかの味でコドモも美味しいと言うのでリピ決定。2回目以降に買うときは空瓶を持参するとお店で中身だけ詰めてくれる。

同じタイプで Lentil Soup Mix
stpl18
これはダンナでも美味しく作れるはずなので非常用ストック(笑)

この間行った時に ちょうどお店でテースティングをしていた
Love Cake Mix
stpl14
あまりに美味しかったのでつい買ってしまった。

stpl5
スパイスがきっちり効いてる。材料を見るとグルテンフリーだった。

stpl7
卵とオリーブオイルと水を混ぜるだけ

カップケーキサイズに焼いて冷凍して、おやつに
stpl10
カップケーキサイズのが12個焼けた

結構生地がしっとりしてる
stpl11

豆のミックスも、ケーキのミックスも、スパイスや素材の組み合わせを参考にして、素材を量り売りで買ってもいいかも。 

レギュラーのお客さんは朝ごはんのミューズリーを好きな素材を組み合わせてミックスしてMyミューズリーを作っている人多し。量り売りバンザイ。

お店のオーナーが(若い女性)すっごく素敵。親切でよくしゃべる。本当に自分で売っている商品が好きなんだな・・・と感じる人で、楽しく買い物できた。乾き物系(粉モノやナッツ、ドライフルーツ)はパッケージものを買うと、結構大袋で高かったり量が多くて中途半端に残ってパントリーで忘れ去られてしまうことも多いのだけど、ここだと少量づつ、いろんなものを買って、こちょこちょいろんなバリエーションのレシピを試せるのでめちゃめちゃお気に入り。

続きを読む

スポンサーサイト

お招きするのは・・・

大好きなところへ。
F2F_3


大学時代の古い友人の妹さんがご結婚。フリーマントル->メルボルン☆徒然日記のちかさん。

我が家がパースにいたのと同じ時期に、西豪州で大学院に留学されたパートナーと来豪。そして我が家より一足先にメルボルンへ転居されたところで、我が家もメルボルンに来たのでまたご一緒と不思議なご縁

お祝いのランチにお招きするのは「大好きなトコロ」へ。ダンナと息子っちも大賛成。

モーニントン半島 Doromana の Fork to Fork at Heronswood

F2F_2

オーガニックや在来種の野菜の種やネイティブプラントでも有名なThe Diggers Clubのカフェ。野菜はガーデンで採れた季節のオーガニック野菜。他の食材もモーニントン半島のもの、と地産地消。ワインももちろん地元のワイナリーから。

メルボルン美味しい生活のSowhatさんもお勧め

まずはメニューから
F2F_4
前菜とメニューを選んで

前菜は

肉食獣の息子っちとダンナは オーガニックのポーク
Slow cooked pork belly, apple, watercress and orange glaze
F2F_5

ちかちゃんのダーリンは トラウト
Sugar cured ocean trout, coriander emulsion, shaved fennel and citrus
F2F_6


ちかちゃんと私は野菜
Roasted heirloom beetroot with horseradish cream, walnuts and mizuna
F2F_7
レッドビートが力強い、土の味。


メインは

息子っちとちかちゃんカップルはガツンとラムで
Roast lamb rump on garlic mash, garden broccolini, with anchovy butter and wayans
F2F_9
「おいしいからお母さんも食べて」と息子っちが少しくれました。

ダンナは珍しく魚を選択
Pan roasted snapper, turnip, herb and prosciutto gratin and sauteed silverbeet
F2F_11

そして私はこちら
Grilled pork loin, pickled kholrabi, heirloom carrots, walnuts and roquette
F2F_10

ポークなのだけど、本当の狙いは
こちら
付け合せのにんじん
F2F_12

絶賛したくなるくらい美味しいにんじん(実は普通のにんじんはあんまり好きではないのだけど)


デザート

ちかちゃんのダーリンは締めもガツンと
Chocolate pudding with vanilla bean ice cream
F2F_14

女性陣は さっぱり系で
Kaffir lime pannacotta with citrus and Vietnamese mint
F2F_13
ケフィアライムフレーバーのパンナコッタ。さっぱりしてエキゾチック。家で挑戦してみたい。

ダンナはチーズ。お気に入りのRed Hill Cheese
Red Hill Merricks Mist white mould cheese served with accompaniments

お祝いのランチを誘うときにダンナと息子と私で家族会議(?!)を開いて、あそこはどうだ、ここはどうだと話をした時に、「おいしくて、きどらなくて、地元の素材を使っていて、日のあたる明るいレストラン」というポイントから選んだトコロ。

食事を終えたあとはガーデンへ
F2F_1
海が見える

お祝いランチは少し前だったのだけど、
おふたりは今週末に京都で挙式。おめでとう、おしあわせにね。

おまけに帰りに近くのワイナリー Ten Minutes By Tractorでワイン購入
F2F_15
息子っちは「燃える男の~♪」と歌いたくなるトラクター乗車(小林旭の歌知ってる?)

手みやげ

週末知り合いのおウチに呼ばれた・・・ 時に悩むのが「何を持っていくか」

日本だと、
ブルータス「日本一の「手みやげ」はどれだ!?」
岸朝子さんの「全国五つ星の手みやげ」
ミーツリージョナル(関西)の「手みやげを買いに」

とか見ながら、イチオシのお菓子とか探すのが楽し。


オーストラリアに来てから、いまいち「コレ」と言うのがなかったのだけど、(こっちはケーキめちゃ高い・・・なので最近は親しい人だと自分で焼いたりしてた)

こんなはどうでしょ。

ベークドチーズケーキ
Aviv1
酸味が強いヨーロッパ風。こってり、でも懐かしい味。

なんとチーズケーキは「量り売り」 ケーキをホールで買うと量ってくれて、グラムあたりの値段に重さをかけて値段算出。結構大きいのに 25ドル前後。


チョコレートとヘーゼルナッツのタルト
Aviv2

チョコレートとナッツの絶妙の組み合わせ。これも手頃な値段。

お買い求めは メルボルン ベイサイド側での定番 AVIV Cakes and Bagels
Aviv 7

こじんまりした繊細な・・・と言うよりは、「どっしり・定番・懐かしい味」のケーキ。超人気店。お客さんがいっぱいなのでお店の入り口の番号札を取り忘れる事なかれ、です。

Aviv 7

手土産を買いにいく、という口実をつくって行くけど、こっそり自分のためにケーキを買ったり。
Aviv3

でも、ひとつに絞れなくて、結局いっぱい買ってしまいダンナと息子と分けることになったり。

ロールケーキ
Aviv4
日本のロールケーキはしっとりふわふわだけど、こちらはちょっとどしっとして表面がパリッ。

ヘーゼルナッツのダックワーズ
Aviv 6
バタークリームこってり。もうちょっとパリッとしてるほうが好みかな

チョコレートのダックワーズ
Aviv5


昔、手土産を買うのに、メルボルンのベイサイド側では結構有名なお店のガトーショコラを買ったところ
「50ドル!!」
あんなに小さいケーキが・・・と絶句してから(味もフツーだった)、手土産選びは慎重になりました

まあ手土産は選ぶ過程が楽しいのだけど。


フトコロにも優しい、定番のケーキたち。お勧め。

AVIV Cakes and Bagels
412 Glen Huntly Road
Elsternwick

ここはパンもおいしい。

アタマも食べる

It does a great line in gutsy, southern Italian hospitality and flavour
(元気な南イタリアのおもてなしとフレーバー)

って書いてあったらやっぱり行く。

S Orange1

土曜日のランチ。息子っちが補習校でいない間のお楽しみ、
Gourmet Travellerのレストランガイドの囲み記事「Best Cafes」にPrahranのカフェあり。

本日は Sicilian Orange
S Orange5


まずは

鰯の前菜

S Orange2

フレッシュな鰯を見かけること少ないメルボルンで、カリッと揚げた鰯。

外はカリっと、身はほろっと。

あまりに美味しいので「頭と尻尾」も完食(しかもダンナの残したやつも)。
お店の人にレモンしか残っていないお皿に驚かれる。オージーは魚の頭食べません。

ダンナは 今日のリゾット
本日はマッシュルームなり。

S Orange3

私は メカジキとズッキーニのペンネ 
S Orange4

マッシュルームのリゾットは乾燥ポルチーニとフレッシュのきのこがこれでもか、と。

テーブルを担当してくれたお姉さん(NZ生まれのイタリアン)に
「鰯の衣のところ、シナモン使ってるでしょ」と聞いたところ、
「すっごい、何でわかったの」と褒められました。 

Saltフレークにブラックペッパー、シナモン、イタリアンパセリのみじん切りを入れた後、オリーブオイルでまとめて、鰯の衣にして多めの油でカリッとさせる、らしい。 

これは家で今度真似する、予定。

Cheap Eatsな我が家、最近あんまりイタリアンは行かず(いや、値段が高くて行けず)

こちらは、手頃な値段で昔っぽいイタリアの雰囲気が楽しめるGlossi Florentinoの Cellar Barみたいに、なかなか良ろし。ダンナもまた来たい、そうで。


Sicilian Orange
115 Greville St., Prahran

The Ageの記事はこちら

Glossi Florentinoの Cellar Bar

注いでください!

Prahran マーケットの入り口のところにある
Market Lane Coffeeはメルボルンのコーヒー好きにははずせないカフェ

ML coffee1

Espresso系のコーヒーが主流のメルボルンでは珍しく
Pour Over=フィルター式のコーヒーが楽しめます。 


ML Coffee 2


今日はダンナも一緒なので、
シングルオリジンの豆が3種類楽しめる試飲セットみたいなヤツを。

ML coffee 3


3種で$12なり(二人分)

ひとつめは

Fazenda Barreiro ブラジル産

説明によると「甘みのある、チョコレートとイチジクの香りにトフィーのような後味」だそうで

ML coffee 4

次は

Santa Barbara エルサルバドル産

「ベルベットのような口当たりに赤いりんごの酸味と、ミルクチョコレートとピーチの香り」

ML coffee 5

最後に

Los Cuxinales Y Anexos  グァテマラ産

「りんごのすっきりした酸味に砂糖の甘みすっき入りした味にクリーミーな口当たり。チョコレートピーチとプラムに軽いジャスミンの香り」

ML coffee 6

なんだかワインのようだ。

ワインもそうなのですが、我が家は細かい薀蓄はいっさい気にせず、「好き」「嫌い」だけの評価。

ダンナはブラジル産、

私はグァテマラ産がイチオシ。

他にもシングルオリジンの豆の選択あり。もちろん、エスプレッソ系のコーヒーも充実。 


ちなみに・・・
David Jonesのところの Sensory Labもしかり、
使っているフィルターは日本製だそう。

日本製品、こんなところで意外にがんばってます。



ちなみに・・・・

Food & Wine Festivalのイベントのひとつで、

メルボルンではイチオシのカフェ・バリスタが11日間だけカフェをオープンするらしい。
3月4日から14日まで
参加カフェ:Seven Seeds, Market Lane, The Premises, Dead Man Espresso, Proud Mary and Five Senses

The Broadsheet Cafe

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

きん at Melbourne

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。