Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンナからワタシへのプレゼント

相手の欲しそうなものを予想して

過去のプレゼントとダブらないように注意しながら、

おサイフとも相談して、

相手に気付かれないようにこっそりアレンジする、

・・・のがプレゼントを選ぶ際の醍醐味ではないかと思ってるらしいダンナ(本当は相手に「何が欲しいん?」と聞いてしまったほうが、「え~っ」とか「がっくり」ということがなくていいのかもしれないのだけど)。

今回ダンナとコドモがワタシにくれたクリスマスプレゼントは・・・・

恒例の年末キャンプの間にレストランを予約してくれた。

Villa Gusto


当日まで秘密のレストランに着いてみて「びっくり」。

vg5

なんか高級そうなレストランやないですか。

vg20

緊張しながらドアを開け(そっか~、だからダンナとコドモはこっそりポロシャツとチノパンを荷物に入れてたのか・・と納得。それに反して知らないワタシはジーンズ)

中に入ると

バーカウンタースペースにはポスターと
vg6

イタリアのヴィラをイメージした内装(そう、イタリアンレストラン)

vg3

食事の後にゆっくりコーヒーが飲めるスペースや
vg9

ワインセラーっぽい部屋(イタリア産のワインもあり、反対側の壁もワインラック)
vg21

Rusticなコーディネートのテーブル。どっしりした木のテーブル。シンプルな投げ込みのお花がカワイイ
vg2

ワインとオリーブをつまみながら
vg4

メニューを熟読
vg22

メニューを説明してくださった方曰く、
「ウチの料理はお皿にどーんと盛るので取り分けて食べるスタイルです。イタリアの田舎風でお洒落じゃないけど美味しいお料理って感じで」

メニューの中からオリーブに加えて前菜ひとつ、メイン3つとデザートを選ぶ5コースなのだけど、ウチは3人なので、前菜からふたつとメインを4つ選ばせてくれた。

今回はゲストのワタシをもてなすべく(?)、偉そうにコドモがメニュー選定を引き受け、もったいぶってオーダーしてた

オーダーした後、お料理が出てくるまでの間は
vg8

レストランと横に併設された宿泊用ヴィラの間のお庭を散歩して

vg17
食事前のドリンクが楽しめる。

庭の横に菜園や鶏小屋もあって、野菜・ハーブ・卵は菜園で取れたものを主に使っているらしい

前菜から

A traditional calabrese e ciabatta dip
vg1
パンはフツーのパンだったんだけどトマトベースのディップが素朴な味ですごく美味しかった。ダンナとコドモ、お皿を舐めそうな勢いで完食(笑)


Antipasti platter of Villa tasty morsels
vg16
私の大好きなホワイトアンチョビ。これはダンナと争奪戦。ズッキーニのフリッタータのゴートチーズのせやスモークトリコッタとか。


メインから
House gnocchi con Myrtleford ricotta e spinach e chilli
vg18
リコッタチーズなので優しい味のニョッキ。コドモがかなり気に入り、家でパスタを打つ時にニョッキもやってくれとリクエスト。


Eggplant coteletta con peperonata sugo
vg10
パルメザンチーズの入ったパン粉で揚げたなす。イタリアのおウチ料理の代表格。美味しい。でも、自分で実際に作ってみるとチーズとナスがみるみる吸い込む揚げ油を見て、カロリーの高さが恐ろしくて食べるのを躊躇するヤツ。

Baked Bascilicata pasta con tuna, capers, lemon e chilli
vg7
いわゆるPasta bake。特別感はないけどフツーに美味しい。


Free range duck con Sangiovese wine pickled cherries, cour couz e cavalo nero
vg19
コドモが「メインコースの中のメイン」と選んだダック。チェリーとワインで煮込んで爽やかな酸味。

どのお料理も変にひねらずストレートに美味しくて、いい意味での家庭料理っぽい味。、お腹もいっぱいになって満足したら

また庭で散歩でもしてデザートに備える


vg12



デザートは

Vanilla bean pannnacotta con Stanley saffron e Amerana cherries
vg13


Chocolate e almond torte con espresso semi freddo
vg11


食後酒ものんびりと飲んで、オーナーの方とお話しているうちに、しっかり夜も更けてた。
vg15

レストランで結局4時間ぐらい過ごした

vg14


オーナーの男性とそのパートナーの女性がフレンドリーでどのテーブルでも会話を弾ませて、お料理は飾りのないストレートな味で、途中で庭の散歩をしたりと、知り合いの家にお呼ばれしたような雰囲気

Mt. BaffaloのBuckland valleyの真ん中の素晴らしい光景のおまけ付き。

Villa Gusto
630 Buckland valley, Buckland
(near Bright)

このディナーを一番楽しんだのはコドモだと思う。自分用のメニューをもらって(しかも大人用!)、メニューの説明をしてもらったり、丁寧に「お飲み物はいかがなされますか?」と聞いてもらい、一人前に扱ってもらって大満足。

絶好調のコドモ、「お飲み物は…」の質問に、「Martinis, shaken, not stirred」とジェームスボンドのセリフの真似をしてオーナーさんの大爆笑を勝ち取った。やるじゃん10歳男子。

ごはんが美味しいかどうかは、一緒に食べる人とその場の楽しい雰囲気が重要なんだと再認識したディナーだった。家族と一緒でも喧嘩してる時にご飯食べに行ったら美味しくないしね。

追記
レストランのあるGreat Alpine Road沿いのエリアがここ何週間か山火事になってる。キャンプをした街やレストランのあるあたりに現在までのところ直接の被害はない様子だけど、車で少し行った街が燃えてしまったらしい。気温が下がっているのでこれ以上の被害がないのを祈ってます。
スポンサーサイト

見た目が命

持ち寄りパーティに呼ばれて、何か持っていくときにはやっぱ「見た目が命」。「お~っ」と言わせなくちゃ、と力が
(少しだけ)入る。

オージーがホストのパーティだと、日本人=すしの短絡思考からか「SUSHIをお願い」を頼まれることが多くて、

初めがフツーの巻き寿司だと、次の回にはちょっと目先を変えてお花の飾りすしとか、

でも何回か呼ばれる間柄だと、ネタがつきて

年末に頼まれたときはこんな感じでやってみた。

ケーキスタイルの押し寿司
cs5

ケーキの型にゴハンと具を層にして押し込んでいくだけ。

「Raw Fish(生魚)はちょっと・・」というオージー向けには

ごはんの上にカニかまとさやえんどう
cs6

しいたけの甘煮もお好みで
cs7

ごはんを重ねて

スモークサーモンとマヨネーズ
cs8

そしてアボカド
cs9

最後にまたごはん

ぐっと押し込んで落ち着かせたら、

型からとりだして
cs10

上にデコレーション

くるくる巻いて作るスモークサーモンのお花とか(生ハムの薄切りでも可)
cs3

いりタマゴとかえびとかきゅうりとか飾ってこんな感じで
cs12


丸い型バージョン

cs11

cs2


こーやって持っていくと「おお~っ」と言ってもらえる
cs1


「見た目が命」のプレゼンテーション(笑)


でも 後で気がついた。

パーティだと指でつまめる「フィンガーフード」= 巻き寿司のほうがオージーには食べやすい。不器用なオージーにケーキサーバーで切り分けたちらし寿司状態のものをキレイに食べるのは不可能に近い、判明。

「スプーンですくって食べる寿司」というなんだかビミョーなものになった。

ちなみに角型と丸型だったら、丸型で作ったほうがサーブするときに切り分けやすい(ショートケーキみたいに)


日本人だけだったら お刺身とか酢で締めた切り身を使ってもっとキレイにデコレーションし、わさび醤油で食べる技もあるんだろうけど。 生魚NGの人がいるパーティにはカリフォルニア巻きの具をばらしてのせたみたいなパターン。いっそのこともっと変わった具でもいいかとも思う(生ハムとサンドライドトマトにアボカドとか・・・でもそれじゃ日本人はドン引きかぁ) 生魚ののった握り寿司はガイジンだとよっぽど和食好きな相手でないと難しい。・・というより材料費が高くてサイフの都合からも無理(笑)


だいぶんアイデアが尽きてきた、次回の寿司リクエストはグラスにチラシ寿司を盛る「パフェスタイル」か?

そんな悩まなくても、他のオージー達みたいにサラダでお茶を濁したら、と思いつつ、つい「日本代表」の看板を背負った気持ちで力がはいる・・・ってことはない!

人生と同じ?

編み物をしていてふと思った。
もしかして「ワタシの編み物の仕方って人生の取り組み方を反映している?」

編み込み部分に到達したら、真面目に編み図にイチイチ印を入れながら編んでみた。模様部分を1/3から半分ほど編んだところで、

「あー、ビミョーに間違ってる」

配色が一目づつ横にずれている段があって、ビミョーに模様がそこだけゆがんでる。
もうひとつは段を間違えて編んでいる場所があって、まぁそういう模様だと言えばそう見えないこともないけど、オリジナルの編み図とは絶対違う。

ここで悩んだ

「ほどいてやり直し、完璧をめざす」か

本当は直したいけど面倒くさいので「もうええやん、どうせ自分用やし」と見なかったことにするか

それとも「これが手編みの個性」と自分に言い聞かせるか


なんか人生で間違いをおかした時や自分の思ったとおりにいかなかった時にとる行動パターンに通ずるものが。・・・と編みながら、しみじみ考えたりして(笑)


・・で間違った箇所をどうしたかは、ご想像にお任せします。

季節はずれ

いろいろ写真も撮り溜め、ネタがない、というわけではないけど、ブログはご無沙汰。

PCに向かう時間を削っていそしんでいるのは・・・

こちら。
knitting1

季節はずれの編み物

オーストラリアは真夏で、しかも最近猛暑日(40度超え)があったというのに。

年末に「ほぼ日」で見かけた三國万里子さんの手袋に萌えてしまって

knitting3
knitting4


(写真はほぼ日刊イトイ新聞のサイトからお借りしました)

この手袋が編める「手袋キット」の購入ボタンをポチっと押してしまった。ついでにアマゾンで三國万里子さんのニットの本「編み物ワードローブ」もポチっと(歳末の気が大きいときなので、ついポチっと・・)

最後にまともに棒針で編み物をしたのは、なんと20年以上も前!! (その時はアラン模様のカーディガン)

手袋キットの毛糸はとても高級なものらしいので、キットの作品をスタートする前に「慣らし運転」で近所の手芸店で買った季節はずれ激安の毛糸で2色の編みこみ手袋挑戦中。

「暑い季節になんでまた編み物なんか」と言われるのだけど、

繰り返し作業+編みこみの配色に集中している間は「心頭滅却すれは火もまた涼し(←ちょっと本来の使い方とは違うけど)」 何かに集中していると暑いのも耐えられる。

冬までに(後5-6ヶ月)2-3個の手袋を完成させたいところ。親戚のガールズ達にも「編みこみの帽子」のリクエストを受けたことだし。


ちなみに 先日コドモが産まれた時にかぎ針で編んだ(10年前)編みぐるみが出てきた。
knitting2

おっさん趣味のワタシがこんなかわいいものを編んだとは到底信じられない・・・(笑)

ダンナへのプレゼント

あっという間に年が明けていてびっくりした。

ニューイヤーズイブには花火なんかで華やかだけど、2日からは通常のオフィスアワーで、私も昨日からフツーに働く。オフィスの半分くらいはまだホリデー中だけど。

クリスマスと新年に分けて、ダンナへプレゼントしたモノ。

クリスマスには「The Hobbit」の豪華装丁版。

Hobbit1

この版は ハードカバーで箱がついてるってのがデラックス版らしいのだけど、何と言っても、トールキンの挿絵と物語の「地図」がついてる! 光に透かすと文字が浮かぶって地図。


そして、元旦には モチロン
Hobbit2

映画も観に行った。

トールキンの「ロード オブ ザ リング 」と 「ホビット」はダンナが子供の時は必修図書だったらしい。だいぶん前のイギリスでは、ですが。

ン十年ぶりに読んで、映画も観て、

「あの映画 (The Hobbit) すごい!セリフが原作に忠実」

とやたら盛り上がってた。

コドモ(先月10歳になった)とふたりで昨日から「ロード オブ ザ リング 3部作」DVD鑑賞会が家で繰り広げられてて、ワタシはちょっと遠慮させてもらう(笑)

ダンナがすごく好きだと前から言ってるから、イギリス人のちょっと年配の人に「トールキンって子供の頃必修図書だったんですか?」と聞いたら、「そーそー、絶対読まなくちゃダメで、もー大変だった。だから私はあの話が嫌いなのよ〜。」←そういうヒトもいるってことで。

日本だとどんな本がこれに近いんだろう… コドモの時に読んだ必修図書が思い出せない(汗)




Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

Author:きん at Melbourne
8歳の男の子の母でオージーの旦那あり。食べることが大好き。フルタイムの仕事と大学院の勉強でバタバタした毎日でしたが、やっと卒業。これからはもっとプライベートを充実(の予定)

最新記事

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。